禁煙のすすめ|糖尿病予防に効くサプリメント・お茶

 HOME > 禁煙のすすめ(糖尿病予防)

糖尿病予防における喫煙のリスク

タバコで血液ドロドロに

タバコは、確認されているだけでも270種類もの有害物質が含まれているといわれ、「タバコを1本吸うごとに、寿命が5分30秒縮まる」という報告もあります。
すなわち、1日に1箱のタバコを吸う人は、毎日約2時間もの寿命を短くしている計算になります。

血糖値の高い人は、もともと血液がドロドロになりやすい上に、タバコがさらに動脈硬化を進め、糖尿病のほか脳梗塞や心筋梗塞などになったりする危険性があるので注意が必要です。

外国の報告によると、糖尿病患者のうち、壊疽(えそ)のために足を切断した人の約95%が喫煙者だったそうですから、本当なら恐ろしい話です。

スポンサーリンク

禁煙は何度でもチャレンジしよう!

いざ禁煙をしようと決断しても、途中で挫折してしまうことはよくあることです。しかし、一度失敗をしても、あきらめず何度でも挑戦することが糖尿病予防のためには必要です。

最近では、薬局で禁煙ガムやニコチンパッチなども販売されていますし、病院によっては健康保険適用で禁煙治療を受けることもできます。

その他の有効な禁煙方法として、次のことを試してみるとよいでしょう。
糖尿病予防で禁煙に成功・ガムを噛む
・濃いお茶や冷たい水を飲む
・深呼吸をする
・ウォーキングをする
・歯磨きをする
・軽い運動をする
・本を読んだり、スマホでゲームをして気を紛らわす

ソーシャルメディア



↑ PAGE TOP