血糖値を下げる食品|糖尿病予防に効くサプリメント・お茶

 HOME > 血糖値を下げる食品をご紹介

血糖値を下げる効果がある食品

このページでは、境界型糖尿病と診断された管理人が実践した糖尿病予防法で、血糖値を下げる効果(糖尿病予防)があった食品の中からオススメできるものをいくつかご紹介しています。

たまねぎ 管理人オススメ!
たまねぎは、ねぎ、にんにくとともに、ユリ科ネギ属の植物です。ネギ属の植物は血糖値を下げることが知られていますが、なかでも「たまねぎ」の血糖降下作用は抜群でした!

たまねぎを切ると、特有のにおいが鼻をつきますね。その刺激臭は、イオウ化合物によるものです。実は、それらのにおいの元が血糖値を下げる作用をするのです。

辛みの強いたまねぎほど、イオウ化合物を多く含んでいて、インスリンの働きを高める効果が強力だと言われています。なお、イオウ化合物は、加熱してもほとんど壊れないので、煮ても炒めても大丈夫なので調理方法で困ることもありません。

また、たまねぎにはコレステロールや中性脂肪を減らしたり、血液を固まりにくくする作用があることも知られていて、血液をサラサラにしてくれる効果もあるようです。

たまねぎは、正常な血糖値には作用せず、異常に高い血糖値にだけ作用します。そのため、低血糖を起こす心配や副作用の心配などはありません。

ですので、たまねぎは糖尿病の人だけでなく、まだ糖尿病になっていない人の糖尿病予防にも適しています。

<たまねぎの効用>
・インスリンの働きをよくする
・糖尿病の合併症を防ぐ
・コレステロールや中性脂肪を減らす
・血圧を下げる
・動脈硬化を予防する

糖尿病予防のためとはいえ、毎日「たまねぎ」を食べ続けるのは大変だという人や「たまねぎ」が苦手な人は、濃縮したたまねぎエキスを乾燥させたもの(サプリメント)を利用するとよいでしょう。

魚介
魚介には、血液をサラサラにして血栓を予防する、コレステロールや中性脂肪を減らして動脈硬化を防ぐ効果のほか、糖尿病予防にも効果があると言われています。
さらに、血糖値を下げる成分も豊富に含まれています。

イカ、タコ、貝類

コレステロールを下げるシトステロールやタウリンが豊富。

アサリ

糖尿病の治療にも有効とされる「クロム」が多量に含まれています。

イワシ

亜鉛やクロム、血液をサラサラにするEPAやDHAも豊富です。

カキ(牡蠣)

インスリンの働きを正常にする亜鉛をたくさん含んでいる代表とも言える食品です。
たまねぎ同様、カキの血糖降下作用も抜群です!
カキ酢や鍋、バター焼きなどにして積極的に摂取しましょう!
冬場の食品なので、シーズンオフはサプリメントがオススメです。

また、ひじきやアサクサノリも、インスリンの感受性を高めるクロムが豊富なので、糖尿病予防に効くといわれています 。

蕎麦(そば)
ぞばには、糖質をエネルギーに換えて血液中のブドウ糖を処理するビタミンB1や、肥満を予防する不溶性の食物繊維、インスリンの働きを改善すると言われるマグネシウムや亜鉛などが豊富に含まれています。

管理人は、今まで無類のうどん好きだったのですが、境界型糖尿病になったのをきっかけに、糖尿病予防のため一気に「そば派」に転向しました。

スポンサーリンク

ぬるぬる系
ぬるぬる系の食品には、糖尿病予防によいとされる成分がたくさん含まれています。
山芋やオクラ、モロヘイヤには、マグネシウムや亜鉛が豊富に含まれています。納豆のネバネバには、血栓を強力に溶かして動脈硬化を予防する作用があると言われています。

食物繊維
食物繊維は便秘の予防だけでなく、肥満や糖尿病、高血圧、高脂血症、がんなどの生活習慣病を予防する働きがあると言われています。
2型糖尿病患者の食物繊維摂取量はきわめて少ない、という報告もあるようです。
血糖値の高い方(糖尿病予備群)は、努めて食物繊維を摂るようにしましょう!

<亜鉛>
血液中のブドウ糖を低下させるインスリンをつくるための構成成分で、糖尿病の人(糖尿病予備群の方も含め)には重要な栄養素と言われています。

<マグネシウム>
糖質・脂質・タンパク質を燃やしてエネルギーに換えたり、インスリンの働きをよくする作用があり、糖尿病予防によいとされています。

血糖値が境界域の場合は、未病(まだ病気ではない)とみなされますが、これは「もはや正常ではない」と受け止める必要があります。
これに、日常生活での暴飲暴食や過剰なストレス、喫煙や運動不足などの悪い要因が加わると、早々に糖尿病になってしまう危険性があります。

また、高血糖に肥満や高血圧、高コレステロール、高中性脂肪などが重なると、血液は脂肪分の多い「ドロドロの状態」になって動脈硬化を進行させ、しまいに心筋梗塞や脳卒中などの怖い病気を引き起こすことにもなりかねません。

トップページでご紹介した「クロム(サプリメント)」や「秋冬番茶(お茶)」の予防法に加え、適度な運動と血糖値を下げる食品の摂取を積極的に行うことで、健康的な生活を送れるようにしましょう。

スポンサーリンク



ソーシャルメディア



↑ PAGE TOP